ファンちゃん虹の橋を渡る

預かりさん宅で闘病生活をしていたファンちゃん(享年3才)が9日に虹の橋を渡りました。
ファンちゃんとは猫の会ではいしちゃんと呼んでいました。
余命宣告を受け最後まで面倒を看たいと名乗り上げてくれた預かりさんの手厚いお世話によって最後は幸せな猫生を終える事になったと思います。

一進一退を繰り返す日々の中で様子を見ながらの生活は大変だったと思います。
そしていつその日が来てもいいように心の準備もしておかなくてはならない・・・。

私も何匹もの子達を見送りました・・・。
毎回これで良かったのだろうか・・・?と自問自答を繰り返しては良かったんだと思うようにしています。

あなたはここにいたよ!あなたがいたことによってたくさんの幸せをもらったよ。楽しかったね♪ありがとう。
と、いつまでも忘れずにいることが供養だと思っています。
d0233224_23202168.jpg

ファンちゃんは昨日預かりさん家族に見送られお骨になりました。
ファンちゃん がんばりましたね!二重丸の花マルをあげましょう♪
そして、預かりさん・・・最後まで暖かくお世話をしてくださりありがとうございました。お疲れ様でした。
ファンちゃんと同じ二重丸の花マルです。お揃いです!

青梅市で毎月第1,第3土曜日に猫の里親会をしています。
よろしければポチっとしていただくとうれしいです。
にほんブログ村 猫ブログ 猫 里親募集へ
にほんブログ村
にほんブログ村 地域生活(街) 東京ブログ 青梅情報へ
にほんブログ村
[PR]

by hgjhgjdf | 2015-02-12 23:28 | | Comments(2)

Commented by たれママ at 2015-02-13 01:07 x
ファンちゃん、本当によく頑張ってくれた。
色んな事を教えてくれてありがとう。

あえてサヨナラは言わない。

またいつか会おう。
Commented by イシママ at 2015-02-13 22:12 x
たれママさん、優しいメッセージをありがとう!
ニャンミさん、綺麗なお花をありがとう!
K先生、心温まる治療をありがとう!
猫の会の皆さん、今まで応援してくれてありがとう!
沢山の人に見守られてファンはとっても幸せでした。
感謝の気持ちで一杯です。