啓ちゃんけいれん始まる

先日急変し診察を受けました。
啓ちゃんの現在の状況ではもう治療をするものがありません。
あとはできるだけ安らかに穏やかに見守るだけです。

ただ、吐血がひどいので止血と抗生物質とステロイドを打ってきました。
外に向かいよく鳴いてるので、ステロイドを打ったせいか少し元気な様なのでお散歩に行ったそうです。
草の上で日向ぼっこをし体にチクチクしたものが付いたので、ひとつひとつ取ってあげたらゴロゴロ言ったそうです。
まだまだ生きたいと言ってるんだと思います。

しかし、昨日から何度もけいれんが始まったそうです。脈も弱く不整脈。
覚悟をしなくては・・・かも。

どうしても看病していると、その日を迎えた時「これで良かったんだろうか?もっとできることがあったんじゃないかな?」と後悔でいっぱいになります。でも正解はないと思います。
最後がどうだったかではなくて、それまでがどれだけ楽しく生き、幸せな日々を過ごせたかだと思います。

なんかの本だったか聞いたか忘れましたが、猫は旅たった時感じるのは苦しかった最後ではなくて
幸せだった頃を思い出して逝くそうです。
ホントかどうかわかりませんが・・・。

私達ボランティアをしていると生い立ちのわからない猫たちを保護します。
あきらかに捨てられた猫、野良として生きてきてボロボロの猫・・・。
どんな生活をしてきたのかわからないけど、もしかしたら何もいいこともなく生きてきた猫だっているはず。
運命で私達ボランティアと出会ったことにより最後くらい暖かいお家で、お腹いっぱいご飯を食べて
ゆっくり眠れるなんでもない幸せを感じさせてあげたいです。
そしてその日が来たら楽しかったな、幸せだったなと思って旅立って欲しいと思います。

きっと、啓ちゃんも旅立つ時は今の預かりさんの元で過ごした日々の思い出を持って虹の橋を渡ることでしょう。

なんかよくわからない文章になってしまった・・・。
我が家の茶シロウもいつか来るかもしれないその日。
一日一日大事にしたくなりますね。


青梅市で毎月第1,第3土曜日に猫の里親会をしています。
よろしければポチっとしていただくとうれしいです。
にほんブログ村 猫ブログ 猫 里親募集へ
にほんブログ村
にほんブログ村 地域生活(街) 東京ブログ 青梅情報へ
にほんブログ村
[PR]

by hgjhgjdf | 2015-12-10 19:39 | | Comments(0)