にゃん

我が家の家猫のにゃん。
18歳のオス猫である。ヒトにしてみたら88歳くらい?
もう立派なジイさんである。
d0233224_1122021.jpg

このにゃんの前に同じ茶白のニャン太郎という猫がいた。
ある日ふと現れご飯をあげたらその日からすんなり我が家の一員になった猫である。とてもよく出来た猫で、
どんなヒトも大丈夫でとにかく可愛げのある猫だった。
どちらかと言うと犬派だった主人を猫派に変えた魅力のある猫だった。
ニャン太郎が死んでしまい、猫が欲しいねと思っていたらスーパーに里親募集のポスターが張ってあり
見に行って出会ったのがにゃんである。

1件のお家に伺って確か何匹かいたと思う。
やっぱり茶白が気に入り引取った。
家に着いて改めて見てビックリ。
しっぽがない!
今でこそ少々偉そうにネコについて書いてる時もあるけど、しっぽがない猫なんているとは思わなかった。
(全くないわけではない、いわゆるジャパニーズボブテールってヤツですね) 
このにゃん大きくなるにつれてなかなやっかいな猫に育ってくれました。
噛むわ、マーキングをするわ(5か月には玉を取らせてもらいました)家のメス猫に対し、ストーカーをするわ襲うわでどーしょうもないオス猫だった。脱走もしたなー。
とにかく我が家のボスとして君臨していた。
そして、体もとっても丈夫!風邪なんてひいたって自力で治していた。
次々猫が来るんでストレスだったんでしょうね・・・お腹にドでかいハゲができたけど今ではすっかり毛が生えている。
この歳でも歯も全く丈夫で口内炎もなし。医者にかかることなんてほとんどなかった。

でもね、さすがに歳には勝てないんだよね。
今ではほとんど寝ている。それによくもどすし・・・朝起きた時は特に気を付けないとグニャと踏んでしまうこともしばしば・・・。
耳も遠いのかな?聞こえてるんだか、聞こえていなんだか?無反応。
健康診断を受け血液検査をしたが、腎臓がちょっと注意ってくらいで問題なし。ご飯もそれなりにしっかり食べる。

若かりし頃はどーしょーもない猫だった。もちろん可愛いところだってあったわよ。
今は若い時とは違いジイさんになったせいかとっても可愛く思える。体も小さくなったしね。
キャンプにも一緒に行ったりして子供の成長と共に一緒に大きくなった猫である。
私が寝るときは必ず私の枕により掛りながら寝てくれる。

しかしこの年齢になったらいつどんなことが起きても不思議ではない。
今はいっぱいいっぱい「にゃん?、にゃん?」と声かけをしてお話をしているが、ついつい目がウルウルしちゃうんです。あたしも涙もろくなってるんで・・・。
あとどのくらい一緒にいられるかわからないけど、最後のその日を迎えるまで一緒に楽しく過ごしたいと思う今日この頃である。。
d0233224_1312625.jpg
d0233224_131421.jpg

だらだらした文を読んでいただきありがとうございました。

青梅市で毎月第1,第3土曜日に猫の里親会をしています。
よろしければポチっとしていただくとうれしいです。
にほんブログ村 猫ブログ 猫 里親募集へ
にほんブログ村

にほんブログ村 地域生活(街) 東京ブログ 青梅情報へ
にほんブログ村


里親募集中の子のアルバム制作致しました。
ご覧下さい。

☆ネット上でも里親さんを募集しています。
ネコジルシ



こちらのバナーから楽天商品を普段通り購入されますと、広告費としておうめ猫の会にもポイントが加算されます。
購入者様には損はありません。
ポイントを寄付としてご協力よろしくお願いいたします.

☆リサイクル活動のご支援をお願いします☆


ご自宅で眠っている猫関係の不用品がありましたら、ご寄付をお願い致します。
リサイク品として販売し、その売上金を会の運営費に充当させて頂きます。
もし御座いましたら、里親会の会場までお願い致します。
(大きい物でしたら、取りに伺います)

ご協力宜しくお願い致します。

※出来ましたら、未使用品、使用頻度の低い物でお願い致します。
※壊れている物、部品の足りない物、修理の必要な物はお受け出来ません。


☆欲しい物☆
 猫トイレ・トイレ砂・フード類・ケージ
 ヒーター・ベッド・おもちゃ・フロントライン等

[PR]

by hgjhgjdf | 2016-04-28 01:54 | | Comments(0)

茶シロウ虹の橋を渡る。

茶シロウが今日虹の橋を渡りました。
あっという間の出来事でした。


今日私はどうしても出かけなくてはならない用事があった。
朝出かけるときに「行ってくるね。帰るまで待っていてね」と声をかけていった。
様子は昨日と同じだるそうに猫座りをしていた。

14時頃様子を聞く。
日向ぼっこをしている茶シロウの写真が届く。
一安心。
これなら大丈夫ねと思っていた。
d0233224_23441661.jpgd0233224_23444131.jpg

















しかし、16時頃茶シロウが逝ってしまったようだと連絡が入る。
えっ?と思い急いで帰宅した。

帰ったらドームハウスの中でもたれながら手足を伸ばして眠ってる茶シロウがいた。
表情はこれといって苦しんだ様子もなく眠るように逝ってしまった様子。


まさか!あの状態から逝ってしまうなんて・・・。
最後を見送ることができなかったことに後悔。
一人で逝かしてしまった・・・。
ごめんね茶シロウ。


硬直した茶シロウを抱いて何度も言ってしまった・・・帰るまで待っててて言ったのに・・・。
なぜ、もっと朝の挨拶の時にしっかり言葉を交わさなかったのだろう・・・。
最後かもしれないと思わなかったのだろう。

今、考えるとあの日向ぼっこしている茶シロウは最近の行動の中でも珍しいなと思った。
いつも寝てるか猫座り・・・
余計大丈夫そうなイメージがあり、安心しすぎてしまった自分に渇!
まさか最後の写真になるなんて・・・。


今は静かに眠る茶シロウにお疲れ様と頭をなでています。
本当にいい子でした。
いつもご機嫌でね、布団に入ってきてもゴロゴロドラムロールが大きくて眠れないぞーなんて言ったけね。
ご飯が大好きでね、ご飯になるとデカイ声でニャーニャーうるさいのなんのって。
生まれた時からちょこっと首が傾いていてね、それでももうダッシュで走っていたっけね。
おやつなんて他の子の分も横取りしてたっけね・・・。
あんなことこんなこといっぱいあったね。

茶シロウは楽しかったですか?
あたしは茶シロウと暮らせてとってもたのしかったです。
幸せでしたよ・・・ありがとう。
最後見送れなくてごめんね。向こうの世界でも楽しく過ごせるように祈っています。


最後に茶シロウに応援メール、お見舞い、ご支援をいただいた方々にに感謝致します。
皆さんに愛され茶シロウは旅立ちました。
残ったご支援は他の子に大切に使わせていただきます。

明日お別れとなります。
今夜は最後・・・茶シロウとお布団を並べて寝たいと思います。
色々ありがとうございました。


青梅市で毎月第1,第3土曜日に猫の里親会をしています。
よろしければポチっとしていただくとうれしいです。
にほんブログ村 猫ブログ 猫 里親募集へ
にほんブログ村
にほんブログ村 地域生活(街) 東京ブログ 青梅情報へ
にほんブログ村
[PR]

by hgjhgjdf | 2016-02-07 23:56 | | Comments(0)

来年もがんばります。

昨日の今年最後の里親会も無事終わりました。
ちょっと風が強くてね・・・少々早めの店じまいでした。
残念ながらお試しもなく参加猫たちはそのまま預かりさん宅に戻っていきました。
d0233224_2362340.jpg

次があります!
今年も何匹もの猫たちが里親さんに巡り合い、新しいお家で幸せな猫生をスタートしました。
すぐ里親さんに巡り合う子、何年か後に巡り合う子・・・それぞれですが
必ず幸せになれると信じています。

来年の里親会は1月16日の第3土曜日です。第1土曜日は2日ですからね・・・
猫さんたちも預かりさん宅で正月休みです。
それまでに猫を探している・・・とか見たいのですが・・・等のご相談はいつでも受け付けております。
お気軽にご連絡下さい。

ご支援いただきました。
d0233224_236401.jpgd0233224_2365825.jpgd0233224_237997.jpg






d0233224_2372467.jpg







ヒトにも差し入れがありました。里親さんからあつあつのおでんです。
寒いから暖かさが身にしみて皆で大喜び。ごちそうさまでした~♪
d0233224_2373338.jpg


今年もお世話になりました。
里親さんありがとうございました。
来年も1匹でも多くの猫たちが幸せになれますように、猫も会員もがんばります!
里親会を宜しくお願い致します。


青梅市で毎月第1,第3土曜日に猫の里親会をしています。
よろしければポチっとしていただくとうれしいです。
にほんブログ村 猫ブログ 猫 里親募集へ
にほんブログ村
にほんブログ村 地域生活(街) 東京ブログ 青梅情報へ
にほんブログ村
[PR]

by hgjhgjdf | 2015-12-20 23:18 | 里親 | Comments(0)

啓ちゃんけいれん始まる

先日急変し診察を受けました。
啓ちゃんの現在の状況ではもう治療をするものがありません。
あとはできるだけ安らかに穏やかに見守るだけです。

ただ、吐血がひどいので止血と抗生物質とステロイドを打ってきました。
外に向かいよく鳴いてるので、ステロイドを打ったせいか少し元気な様なのでお散歩に行ったそうです。
草の上で日向ぼっこをし体にチクチクしたものが付いたので、ひとつひとつ取ってあげたらゴロゴロ言ったそうです。
まだまだ生きたいと言ってるんだと思います。

しかし、昨日から何度もけいれんが始まったそうです。脈も弱く不整脈。
覚悟をしなくては・・・かも。

どうしても看病していると、その日を迎えた時「これで良かったんだろうか?もっとできることがあったんじゃないかな?」と後悔でいっぱいになります。でも正解はないと思います。
最後がどうだったかではなくて、それまでがどれだけ楽しく生き、幸せな日々を過ごせたかだと思います。

なんかの本だったか聞いたか忘れましたが、猫は旅たった時感じるのは苦しかった最後ではなくて
幸せだった頃を思い出して逝くそうです。
ホントかどうかわかりませんが・・・。

私達ボランティアをしていると生い立ちのわからない猫たちを保護します。
あきらかに捨てられた猫、野良として生きてきてボロボロの猫・・・。
どんな生活をしてきたのかわからないけど、もしかしたら何もいいこともなく生きてきた猫だっているはず。
運命で私達ボランティアと出会ったことにより最後くらい暖かいお家で、お腹いっぱいご飯を食べて
ゆっくり眠れるなんでもない幸せを感じさせてあげたいです。
そしてその日が来たら楽しかったな、幸せだったなと思って旅立って欲しいと思います。

きっと、啓ちゃんも旅立つ時は今の預かりさんの元で過ごした日々の思い出を持って虹の橋を渡ることでしょう。

なんかよくわからない文章になってしまった・・・。
我が家の茶シロウもいつか来るかもしれないその日。
一日一日大事にしたくなりますね。


青梅市で毎月第1,第3土曜日に猫の里親会をしています。
よろしければポチっとしていただくとうれしいです。
にほんブログ村 猫ブログ 猫 里親募集へ
にほんブログ村
にほんブログ村 地域生活(街) 東京ブログ 青梅情報へ
にほんブログ村
[PR]

by hgjhgjdf | 2015-12-10 19:39 | | Comments(0)

腎不全の啓ちゃん 

預かりさんから連絡が入りました。
啓ちゃんの現在の状況です。
啓ちゃんが保護されたのは1カ月弱前でしたね。
痩せてノミとシラミだらけのみすぼらしい子でしたが、人懐こさからみて捨てられてからそう時間が経っていないのではと思われました。里親さん探しを開始してすぐ、ご飯を食べなくなりみるみる痩せ細ってしまいました。
診断は腎不全末期。
d0233224_23343848.jpg

進行も早く、あとひと月と余命宣告された啓ちゃん。
すでに食べたり飲んだりはできず、寝返りさえ打てない状況。すでに低体温のうえ吐血も始まり、自宅補液を毎日しても脱水症状になります。そろそろ麻痺も始まるでしょう。
d0233224_23352773.jpg

でもそんな啓ちゃんにもお気に入りがあります。それは日向ぼっこ。一緒に住む猫さんやワンコの隣で、マイベッドを置いてのんびり横になる啓ちゃんは本当に幸せそう。(一番手前が啓ちゃん)
d0233224_2335512.jpg

啓ちゃんのその時に備えて、できるだけ啓ちゃんが心地よい時間を過ごせるよう、思い切り甘えられるよう、静かに隣で見守りたいと思います。
最後に啓ちゃんが、生まれてきて良かったな、人間も悪くないな、ってちょっとでも感じてくれたら、それだけで満足です。    

お願です!猫を飼う時はその子を看取る責任を負って欲しい!元気のように見えてもいつどうなるかわかりません。
その覚悟がなくして生き物を飼ってはいけないのです。


青梅市で毎月第1,第3土曜日に猫の里親会をしています。
よろしければポチっとしていただくとうれしいです。
にほんブログ村 猫ブログ 猫 里親募集へ
にほんブログ村
にほんブログ村 地域生活(街) 東京ブログ 青梅情報へ
にほんブログ村
[PR]

by hgjhgjdf | 2015-12-07 23:42 | | Comments(0)

お星様になる

家猫のしじみが昨晩お星様になりました。
ある日、左ほほが膨らんでいました。
何だろうと思い病院へ。
本当はもっと前から膨らんでいたのかもしれない・・・普通にご飯を食べているようだし、元気がない様子もなかったからわからなかった。

しかし、既に遅かった・・・。
そのふくらみは腫瘍であった。
それからはあっという間に進行していった。
色々治療法も医師と相談したが、猫らしくしじみのままでその日を迎えさせてあげることを選んだ。
そして、安楽死も視野に入れておく事も考えて置いた方がいいかも・・・とまで。

それほど治る見込みのない、最後は顔の表情が変わるほどの最悪な結末になることも聞いた。

治療も、しじみのストレスにならないよう最低限の事をし、食事も強制給餌だった。
最後の方は水すら受け付けなかった。呼吸も虫の息。

そして最後の時、既に動けず寝たきりだったが「しじみ・・・しじみぃ~」と呼んだら動かなかった後足で走るようにバタバタさせた。
まるで呼ばれたから走ってきたような感じだった。
それが最後だった・・・


家族で見送った。
お話もいっぱいした。
たくさん名前も呼んでいい子いい子と頭をなでた。

今回のしじみのその日の迎え方に関し、家族間でも色々な意見があった。
私のわがままで家族に迷惑をかけてしまったこともあった。
しかし、私の考えを通させてもらい本当に感謝しています。
おかげ様でしじみときちんとさようならができました。ありがとうございました。
この活動も家族の協力があってこそできること。
つくづく感じています。


しじみちゃん、お疲れさまでした。我が家は楽しかったですか?お母さんは楽しかったですよ。
たくさんの思い出ありがと。さようなら・・・。
d0233224_015978.jpg


青梅市で毎月第1,第3土曜日に猫の里親会をしています。
よろしければポチっとしていただくとうれしいです。
にほんブログ村 猫ブログ 猫 里親募集へ
にほんブログ村
にほんブログ村 地域生活(街) 東京ブログ 青梅情報へ
にほんブログ村
[PR]

by hgjhgjdf | 2015-10-06 00:29 | Comments(0)